カードローン利用者は必ず知っておくべき総量規制のお話

カードローンを利用者が健全な利用ができるように施行された総量規制というものをご存知でしょうか。これは2010年に貸金業法の改正時に施行された規制で、カードローン利用者は理解しておきたい内容です。

総量規制とは

総量規制とは、利用者の返済能力を超える借入を防ぐために作られた規制で、年収の三分の一を超える借入ができないという決まりです。

つまり年収300万円の方は、100万円までしか借入ができないという事になります。

時々勘違いをしがちなのは、総借入額が年収の三分の一ということで、1社からの借入額が年収の三分の一というわけではありません。

先ほどの例では50万円を2社から借りたら年収の三分の一の100万円に達してしまうということです。

また、1社から100万円を借りるというケースでは、50万円以上の借入には所得証明書の提出が義務づけられるという決まりも付随してきます。

年収の定義

ここで言う年収には給与や役員報酬はもちろん、不動産収入、事業所得、年金なども含まれます。

総量規制の対象となる借入先

カードローンと呼ばれるものの全てが総量規制の対象かというと、実はそうではありません。対象となるものは以下のものとなります。

  • 消費者金融からの借入
  • 信販会社のキャッシング
  • クレジット会社のキャッシング

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用していく上で、問題になりがちなのがこの総量規制です。

この規制が導入された直後は、消費者金融などで年収の三分の一を超える借入をしていた人が借入をストップされる、限度額を大幅にカットされるといった措置を受けることもありました。

当然、総量規制導入後に借入を行う方にもめんどうな規制であることは違い有りません。

しかし、逆に総量規制の対象とならない借入もまた存在します。

総量規制の対象にならない借入

以下に該当する借入は総量規制の対象とはなりません。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 高額医療費の貸付
  • 不動産担保の借入
  • 有価証券担保の借入
  • 金融取引業者からの500万円を超える借入
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 貸金業者を債務者とする金銭貸借契約の媒介
  • 手形の割引

日本貸金業協会より引用(一部要約)総量規制とは | 貸金業法について

総量規制の例外

総量規制の対象となるのが、消費者金融、クレジット会社、信販会社によるキャッシングであることはご理解いただけたと思いますが、一部例外もあります。

  • 社会通念上、緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付
  • 配偶者と合わせた年収三分の一以下の貸付
  • 顧客が一方的に有利となる貸付
  • 個人事業主への貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

日本貸金業協会より引用(一部要約)総量規制とは | 貸金業法について

上記に該当する要件であれば、消費者金融から融資を受ける事が可能ということになりますが、必ず審査を通過するとは限りませんので注意が必要です。

「顧客が一方的に有利となる貸付」にはいわゆる「おまとめローン」と呼ばれるものが該当し、総量規制の影響を受けること無く審査が行われます。

総量規制の影響を受けないカードローン

既に総量規制の限度いっぱいまで借入を行っている方などが、ここまでの説明をみて「利用出来そうな例が無い」とお嘆きの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これまでの例にまだ挙がっていない形で、新規の借入をする方法があります。

銀行系カードローンを利用する

消費者金融系でも信販系でもない、銀行系のカードローンであれば総量規制の対象外となります。

その為、既に総量規制の限度いっぱいまで借入がある方でも、銀行の審査で返済能力に問題がないと判断された場合は、年収の三分の一を超える借入が可能となります。

銀行系カードローンは即日融資可能か

可能か、不可能か、という事では可能であると言えます。

ただ、銀行系カードローンに多い形態は、同行に普通預金口座を持っている事が条件になることが大半です。

既に普通預金口座を持っている銀行のカードローンに申し込む際は問題ではありませんが、お持ちで無い場合は口座開設から行う必要があり、その分時間がかかります。(場合によっては1週間程度)

しかし、一部の銀行カードローンでは、普通預金口座不要なところも勿論あります。口座を作る必要がないので即日審査が完了すれば、即日キャッシングも可能です。

そんな条件を満たしているのがオリックス銀行カードローンで、来店不要、口座不要となっており、インターネットで申し込めば家に居ながら、即日融資まで実現するので人気のカードローンです。

審査内容は融資額が大きくなればなるほど厳しく、時間のかかるものになると思われますので、できれば少し余裕をもって申し込みをしておくことをオススメします。

専業主婦の方も銀行カードローンなら借入可能

総量規制は年収の三分の一まで融資を受けられるという条件です。そのため、収入のない専業主婦の方は借入を行うことはできません。

保証人を付ける事で融資が可能な時期もあったようですが、現在では専業主婦の申し込みは受け付けられません。

しかし、銀行系カードローンであれば専業主婦の方でも借入が可能となっています。特に大手銀行系カードローンは、専業主婦の借入可能という謳い文句を前面に出している所もあります。

おまとめローンは総量規制対象外

総量規制の例外にも取り上げたおまとめローンですが、新規の借入ではなく、現在の借入負担を軽減したいという方の為に用意されていますので、総量規制の対象とはならず、借入が可能です。

ただし、こちらは借り換えが目的のローンになるため、当然ですが資金使途が他社借入の返済以外では申し込むことができません。

また、おまとめローンと一口にいっても、その金利は各社様々です。場合によっては総支払額が大きくなるというデメリットも潜んでいますので、確実に金利が安く、総支払額が小さくなるものを選ぶようにしましょう。

個人事業主はビジネスローンの活用を

個人事業主は「総量規制の例外」に含まれる「個人事業者への貸付」に該当するため、総量規制の影響をうけず借入が可能です。

ただし、この場合の資金使途は「事業資金」に限定されるため、一般的な消費者金融などの貸付は「事業資金ではない事」が条件となっているため、やはり利用できません。

では、どのような形で融資が受けられるのかというと、事業者向けのビジネスローンという商品です。ビジネスローンは事業資金の貸し付けを目的としているため、総量規制の影響を受けない点はもちろん、資金の妥当性が認められれば高額な融資も可能となります。