キャッシングとカードローンは何が違うの?

このサイトでも何度も使う言葉ですが、キャッシングとカードローンという二つの言葉、これの違いっていったいなんなのか、疑問に感じている方もいるかもしれません。

便宜上使われるキャッシングという言葉とカードローンという言葉は大半のケースでは同じ意味と捉えていただいて問題ありません。

ただ、厳密な意味としては次のような使い分けをされることがあります。

キャッシングとは

キャッシングは借りたお金を一括返済する必要がある利用法として呼ばれる事があります。また、広い意味では無担保でお金を借りる事を指す場合もあります。

これは一部の信販系クレジットカードなどが良く採用しているケースですが、クレジットカードの多くは買い物ができる限度額(ショッピング枠)とは別に、現金を借りられる限度額(キャッシング枠)が設定されています。(契約によって無いものもあります)

このキャッシング枠の範囲でお金を借りることが可能ですが、返済については翌月一括で返済しなければならないというルールがあるものです。

しかし、信販系クレジットカードであってもキャッシング枠を分割払いや、リボルビング払い(毎月一定額を返済する分割払い)にできるものも多くあり、現在では一概にキャッシング=一括返済といった解釈はあまりされていないのが現状です。

大半は借入可能なカードを使ってお金を借りることをキャッシングと呼ぶような風潮が強くなっています。

カードローンとは

カードローンは、現金を借り入れすることを目的として提供されているサービスで、その名の通り、カードをつかってATM(または振込)による借入が出来る点からカードローンと呼ばれています。

カードローンのサービスは消費者金融や銀行などから提供されており、その殆どが資金使途自由(一部例外もあります)であることから多く利用されています。

返済については借入額に応じた最低返済額以上の金額であれば、毎月可能な金額だけ返済すればいいというルールが多く採用されています。

借入が銀行やコンビニなどのATMで行えるものが多く、返済も対応ATMで行えるため、非常に使い勝手の良い金融サービスです。

その反面、一般的な自動車ローンや住宅ローンなどと比較すると金利面でやや高めに設定されていますが、カードさえ持っていれば急なお金の工面にも対応できるフットワークの軽さや資金使途自由といった点が魅力です。

また、カードを持っているだけであれば年会費などの費用は一切かかりません。

おさらい

よく利用されるフレーズで

  • はじめてのキャッシング
  • はじめてのカードローン

といった言い回しがありますが、これらはほぼほぼ同じ意味と捉えていただいてかまいません。

はじめてのキャッシングは、カードローンを契約してお金を借りる事が初めてといったニュアンスで、はじめてのカードローンは、消費者金融や銀行と契約してお金を借りるのが初めてといったニュアンスでとらえると良いでしょう。