女性が初めてお金を借りるための基礎知識

お金を借りたいのだけど、どのようにすれば良いのか分からない、そんな女性のために初めてお金を借りるための基礎知識や実際の手順などについてお話したいと思います。

お金を借りるというと、その昔のイメージでは土地などの担保を用意したり、保証人に付いて貰ったりと、かなり面倒な手続きをしないと借りられない物だというイメージがありました。

むしろ簡単に借りられる所は高利貸しで、あとで酷い目にあうんじゃないか…と。

結論からいうと現実はそのようなイメージは全くと言って良いほど違います。担保はもちろん保証人もいりませんし、耳なじみのある会社から借りれば「利息制限法」という法律に基づいた常識的な金利で利用することができます。

ちなみに現在の法律では年利20%以下と定められています。

パートやアルバイトの方も大丈夫、ただし専業主婦の方は注意が必要

最近ではお金を借りるという手続きが非常に身近なものになってきており、俗にキャッシングと呼ばれる方法で利用されています。

キャッシングが行える会社はたくさんありますが、クレジットカードに付いているキャッシング機能のほか、キャッシングを専用に取り扱うカードローンと呼ばれる手続き方法もあります。

そしてこれらの契約は「安定した収入のあるかた」という条件がほとんどで、収入源についてはアルバイトやパート、契約社員・派遣社員など雇用形態は問われないのが大半です。

ただし、クレジットカードのキャッシングや、消費者金融系のカードローンについては総量規制という法的な規制があり、年収の1/3までしか借入が出来ないというルールになっています。

専業主婦の方は自身の収入が0と解釈され、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融系カードローンの契約はできません。ただし、この総量規制というルールが適用されない金融機関があり、それにあたるのが銀行からの借り入れです。

銀行カードローンは総量規制の対象とならないため、旦那様に安定した収入があれば専業主婦の方でも申し込みが可能となっています。

初めての契約はレディースキャッシングがおすすめ

女性の方はそもそも「契約」という手続きそのものに慣れていない方が多いと思われます。たとえば携帯電話の契約ひとつにしても、非常にわかりにくく、あまり得意ではないという方も多いのではないでしょうか。

そんな苦手意識のある契約を誰にも相談できずに一人でやらなければならないというのは非常に不安でしょうし、初めての手続きとなればなおさらです。

電話に短気でがさつな男性社員がでて対応されたらどうしよう…と余計な不安もつきまとう方もいるかもしれません。

そんな女性のために、女性専用相談窓口を用意している金融会社があり、レディースキャッシングという名目で女性専用のプランを用意しています。

女性専用のプランというだけあって、対応するオペレーターは全て女性となっているのはもちろん、最近の金融会社の対応は非常にレベルの高い丁寧なものになっていますので、何か分からない事があったり、困ったことがあった時に気軽に相談できるのが最大のメリットとなっています。

イマドキな契約は窓口に足を運びません

さて、それではカードローンに申し込もうと腰を上げたらいよいよ契約に向かうわけですが、イマドキの契約は営業所の窓口にいって申し込むといったスタイルではありません。

インターネットを使ってネットで申し込みをするのがスタンダードとなっています。自宅にいながら申し込み・契約ができるほか、誰とも対面することなく手続きを進めることができますので、非常にリラックスした状態で進められますし、金融会社の営業所に入っていく所を知人に見られるといった心配もありません。

インターネットでの手続きはパソコンからはもちろん、スマートフォンでも可能となっていますので、今このページをご覧になっているパソコンやスマートフォンでそのまま申し込みが可能です。

契約に必要なもの

インターネットでキャッシング契約をするために必要な物は、基本的に本人確認書類のみです。ただし、借入希望額が50万円を超える場合やすでに利用中のキャッシング枠と合わせて100万円を超える場合などは、収入を証明する書類(所得証明、納税証明、給与明細など)が必要になるケースがあります。

また、本人確認書類など添付書類については携帯のカメラで撮影したものをネットで送信するという手段で送付できますので、携帯のカメラの取り扱いについては理解しておいて下さい。

初めてのキャッシングの場合は殆ど本人確認書類のみの準備で足りると思われますが、転職したばかりであったりすると所得証明の提出を求められるケースもあるようですので、最近の給与明細などは万が一に備えて用意しておくと良いかもしれません。

また、銀行系カードローンを利用する場合は、利用する銀行の普通口座を持っている事が条件になっている場合もあります。(その口座にお金が振り込まれます)

もちろん、申込時に口座を作る事もできますが、キャッシュカードの発行の都合などで、1週間程度時間がかかることもありますので、できれば既に持っている銀行のカードローンをチョイスする方が良いですね。

借入を急ぐ場合・家族に内緒にしたい場合

とにかく急いでお金を借りたい方や、家族にバレると困るという方は自動契約機の設置があるカードローンに申し込みましょう。

ネットで申し込み手続きをし、審査が完了したら最寄りの自動契約機に足を運ぶ必要がありますが、そこでキャッシングするためのカードと契約書を直接受け取る事ができるため、即日でキャッシングが出来ますし、カードや契約書を郵送される恐れがなくなります。

また、家族に内緒にしたい場合は今後の取引明細についても郵送を止める必要がありますので、web明細サービスを必ず利用するようにして下さい。このサービスを利用することで、利用明細をネットで確認できるようになり、書面による明細の送付をストップすることができます。

直接自動契約機に足を運んで契約を行うのももちろん可能ですが、申し込みから審査完了まで概ね1時間弱を自動契約機の中で過ごすことになります。正直、ここでの居心地はあまり良い物では無いので、できるだけ自動契約機に滞在する時間を短縮するためにも、ネットで申し込み〜審査までを完了しておくことをオススメします。

また、申し込みページで入力に迷ったり分からない事があれば、その場で女性専用コールセンターに電話をしながら入力を進める事が出来ますので、不安な方は是非活用しましょう。

自動契約機の設置が多く、これらの対応に積極的なカードローンはプロミスレディースが評判も良くオススメです。