在籍確認や電話連絡なしで借入したい!そんな希望をかなえるキャッシング・カードローンは?

キャッシングが可能なカードローンの契約では必ず在籍確認を行います。在籍確認は申込書に書かれた勤務先に実際に勤務しているかの確認をします。

基本的に在籍確認は電話で行われるのですが、貸金業者名を名乗って電話をしてくることはありません。個人名を名乗り、○○さんいらっしゃいますかとった形で確認します。

具体的には

「田中と申しますが、○○さんはお手すきでしょうか」
「鈴木と申します、○○さんはいらっしゃいますか」

といった具合です。これに対して本人が必ず電話に出る必要はなく

社員「○○は本日お休みをいただいております」
社員「○○は現在席を外しております」

といった回答があれば在籍していることが確認できるというわけです。大半のケースではこのような電話でキャッシングの在籍確認だとは分からないため、無事在籍確認が完了します。

ちなみに本人が電話に出た場合は「■■(貸金業者名)の田中です、これで在籍確認は完了です。」と在籍確認が完了した旨だけ伝えて電話は終わりです。

しかし、日常的にほとんど電話がかかってくることがない会社や、電話がかかってくる事の殆どない業務に就いている方などもいらっしゃるかもしれません。

また、電話に出た社員が勘の良い人なら借金の在籍確認っぽいと勘ぐる可能性も否定できません。(これは少し警戒しすぎかもしれませんが)

在籍確認の為とはいえ、会社に電話がかかるのを避けたいという方には、電話以外の在籍確認ができるキャッシングカードローンもありますので検討してみましょう。

電話以外の在籍確認方法

会社への電話を避ける方法として在籍確認書類の提出があります。これは会社に勤務している証拠となる「社員証」や「会社の保険証」「給与明細」などがあり、それらを携帯のカメラで撮影してネットで送信するといったものです。(業者によって認められる書類の種類は異なる場合があります)

大手消費者金融系のキャッシングでは比較的採用されている在籍確認方法なのですが、この方法で受け付けられるのは50万円以下という条件が多くなっています。

50万円を超える借入を行う際は、電話で行われる事が殆どです。申込時に書類で在籍確認できる条件を確認しておくと良いでしょう。

書類で在籍確認できるキャッシング・カードローン

金融会社プロミスアコムアイフルモビットレイク
書類在籍確認×

新生銀行カードローン レイクは申込み後電話連絡する場合があります。

大手消費者金融系の中でも特にプロミスは柔軟に対応している様子です。逆にアコムは電話による在籍確認を必ず行うようになっていますので、電話による在籍確認に難色を示している方はちょっと利用しにくいカードローンと言えます。

注:上記の表で○となっている会社でも、申し込み金額や審査の状況に応じて電話による確認を求められる場合がありますので、あくまでも参考に留めて下さい。

書類で在籍確認ができると即日融資のハードルも下がる

この場合のハードルが下がるというのは書類で在籍確認すると審査が有利とかそういう意味ではありません

オペレーターが会社に電話をして、確認できたことを申込者に伝えるといった時間を短縮できるため、申し込み完了までの時間を短縮できるという意味です。

時間が短縮されることで、なぜハードルが下がるかというと、即日融資には次のようなハードルがあります。

  • 土日祝日など会社が休んでいる時(営業時間外含む)は在籍確認に日数を要する
  • 振込融資の場合、14時までに手続きが完了しないとお金が振り込まれない

即日融資を希望されている方はとにかく急ぎでお金が必要な状況に置かれていると思いますが、契約の手順はどれも省略できないことはもちろん、手続きが完了していても振り込み融資しか対応していない業者の場合、銀行営業時間内に間に合わないと翌営業日まで待たなければなりません。

その為、手続き完了に要する時間は短縮できればできるほど、これらのハードルをクリアできるというわけです。

※ネット申し込み後、キャッシングカードを無人契約機で受け取る場合は、無人契約機の営業時間内に手続きが完了していればOKです。

その他電話連絡のある可能性

健全な利用をしている分には基本的に金融業者から会社や自宅に電話がかかることはありません。ただ、返済が遅れたり滞った場合には携帯電話に連絡が入ったり、自宅に郵便物が届いたりします。これに対応しない(出ない)状況が続くと会社や自宅に電話がかかります。

電話連絡に敏感になっている方であれば、そういった事の無いよう注意して利用されることと思いますが、ウッカリミスをしないよう注意して、キチンと利用している分には心配する必要はありません。